費用を工面して会社設立をする方法を伝授!

女の人

中国進出の窓口となる都市

婦人

会社設立に必要な申請書類

世界最大の人口を擁する中国は企業にとって魅力的な市場です。しかし政治体制が違うので様々な規制があります。そのため企業が中国へ進出する場合に、今の所は自由都市として門戸が開かれている香港に会社を設立したり支社を置いたりします。香港で会社や支社を設立する場合にはビザが必要になります。ビザには香港に滞在して報酬を得る就労ビザと、観光ビザなどのように就業が許されないものがあります。そして就労ビザを取得するには厳格な審査を受ける必要があります。香港で会社設立をする場合には投資ビザの取得が必要になります。就労ビザよりも審査が厳しく、申請には事業計画、投資計画、雇用や取引先に関する書類などを提出します。また香港に居住権を持っているビザスポンサーが必要になります。さらに香港政府へ個人の資産開示を行います。このような書類を提出して審査を通った場合に会社設立が許可されるのですが、1年単位で更新をする必要があります。初年度に提出した事業計画書どうりに事業が達成されているかどうかや、決算の内容などを審査して更新が決められるのです。その他にも香港の企業で働く場合のスキルを修得する場合などは、研修ビザの取得が必須です。この場合は研修計画などを提出します。香港で会社設立する場合に現地の労働環境や市場について知りたい場合、このような研修ビザを修得して研究しておくことは重要です。またこのような申請はすべて英語で行われるので、専門のコンサルティング会社に依頼した方がスムーズに取得できます。