費用を工面して会社設立をする方法を伝授!

女の人

自分の店を開く方法

店舗

マニュアルの作り方

料理人として修行を積んできた方の最終目標の一つは、自分の店を持ちたい、ということでしょう。ただ、料理人としての技術と、飲食店の経営能力というのは、違うところがあります。どちらもおもてなしの心が大事、というのは共通しているのですが、実際に飲食店を経営する際には、こまごまとした実務的な問題が立ちはだかるのです。その一つが、飲食店の経営管理や従業員教育に関するマニュアル作りです。飲食店、とくに大型チェーン店でアルバイトした経験のある方は、接客マニュアルを見たことがあると思います。来店時の挨拶、注文の取り方や、飲み物を出すタイミングなど、こと細かに書いてあるあれです。大型チェーン店やフランチャイズ方式の店舗なら、本部がそのマニュアル作りをやってくれるのですが、自分で飲食店を経営する場合、一から作る必要があります。さて、良いマニュアルを作るにはどうすればいいのでしょうか。当たり前のことですが、初心者向けに説明するということです。手順は番号を付けて詳細に。分かりにくいところは、写真やイラストを付けること。言葉選びでも、料理人にしか分からない専門用語はきちんと補足し、素人でも分かるように書く。そういった心構え一つで、文章は格段に読みやすくなります。また、在庫管理などで、報告表やチェック表を作る場合、マニュアルに見本の書き方の例を添付しておくとよいでしょう。見本例を付けておくことで、書類書きに慣れていない従業員の労働を効率化することができます。最後に、一番大事なのは、マニュアルだけに頼らない姿勢を従業員に教えることです。マニュアルはあくまでもおもてなしの指針にすぎません。顧客に対する柔軟な対応が、飲食店に人を呼び込む秘訣なのです。