費用を工面して会社設立をする方法を伝授!

紳士

中国進出の窓口となる都市

香港で会社設立すれば中国へ進出する窓口となります。そのためには投資ビザの取得が必要です。事業計画書や投資計画書、雇用や取引先に関する書類を準備して申請します。また個人の資産開示も求められます。審査は厳しく、1年ごとに更新の申請が必要です。事前に香港の事業に関するスキルを学ぶ時は研修ビザを取得します。

メンズ

新しく店を開く流れ

店舗開業をする際にはまず何よりも国や自治体からどういった支援を受けられるのかを調べるべきです。コンサルタントなどに開業支援を依頼し、確実な手続きを行いましょう。資金と人材の確保だけに気を取られすぎず、書類の作成に気をつけて一連の流れをすすめると確実に開業が行えます。

店舗

自分の店を開く方法

飲食店を経営するということを目標にして修行を積んでいる料理人は多いでしょう。自分の料理を存分に振る舞うためには経営に関する知識を深めることも必要です。経営の実務的な能力を身につけましょう。

株式会社と合同会社

オフィス

会社形態による違い

会社設立をする場合、どのような形態にするのかによって手続きや費用の面において変わってきます。現在日本の会社は「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の四つの形態があります。この中で、一般的に会社の形態は「株式会社」と「合同会社」の二種類であると言われていますので、他の二つは考えなくても良いでしょう。合同会社とは、会社法の改正により有限会社の形態内容を引き継いだ形のものです。そのため、現在新たに有限会社として会社設立をすることはできませんが、合同会社はそれまでの有限会社にあった資本金最低額300万円というのが撤廃されており、且つ有限会社のメリットを享受できるようになっています。では株式会社設立と合同会社設立に掛かる費用を比較してみます。まず株式会社ですが、公証人手数料が五万円、定款印紙代が四万円、登録免許代が十五万円の計二十四万円となります。なおこの費用は紙の定款の場合で、電子認証で定款を行うと定款印紙代が掛からないので計二十万円で済みます。合同会社ですと、株式会社にあった公証人手数料は発生しません。定款印紙代が四万円と登録免許代が六万円の計十万円で済みます。なお電子認証定款ですと定款印紙代が掛からないので、計六万円で済むことになります。上記を比較すると費用面から言えば合同会社としての形態が安くで済みますが、将来会社を大きくしたり、社会的信用を得たいのであれば株式会社の方がメリットがあります。自分の会社をどのように発展させるのかという明確なビジョンを確立して、会社設立の形態を決めるということも大事であると言えるのです。